笑顔の医者達

人気の中学受験

ミーティングルーム

実績が豊富な中学受験対策を行なっている学習塾で志望校に合格しましょう。学ぶ楽しさを知る指導方針も大きな魅力です。

難関校に合格したい!医学部予備校なら福岡にありますよ。コチラに各校の授業内容や合格実績が詳しく紹介されてますよ!

今まで一般的だった高校受験、大学受験だけでなく、学歴社会と言われる現代では中学受験も当たり前と言われる世の中になりました。 しかし、この「お受験」をするレベルの高い中学校は主に私立で学費が高額であり、数少ない公立や国立のお受験校である中高一貫校や大学付属校は私立と比べて学費は低くなりますが、やはりかなり倍率は高いものになってしまいます。 よって国公立を受けるにしろ私立を受けるにしろ対策のために高額の受験対策のための塾費用が掛かります。目安としては小学校三年の終わりごろから3年間通塾することが多く、金額としては、受講料、教材費、講習会・対策授業の受講費用を含め、だいたい3年間で230万円が目安となるでしょう。

中学受験は昔はクラスに一人お受験をする子がいる程度だったのに現在では学校によってはクラスの半数が中学受験をするような時代になりました。それではどうしてこのような現象が起こったのでしょうか。 まず、2002年に「ゆとり教育」により、小中学生の授業カリキュラムが見直され、土曜日に授業が行われなくなるなどがありました。これにより、保護者達は子どもの学力低下を恐れ、中学受験を勧めるようになりました。 また、現代の日本は「学歴社会」と言われ、企業の説明会にエントリーするにはある程度のレベル以上の大学を卒業していないと参加できないような、就職に学歴がものをいう社会になってしまいました。これにより、小さいころからしっかりとした教育を、という考えを持つ親も増え、現在、主に都心部で中学受験は盛んなものとなりました。

大学の学費

黒板とチョーク

大学は国公立であれば学費を抑えることができます。しかし私立であれば格段に学費は高くなるため、奨学金などを利用して通う方法もあります。国公立を目指すなら幼いうちからの勉強が大切です。

選ぶために

サプリと体温計

自分の夢を叶えるため、専門学校に行こうと考える方はたくさんいます。日本にはたくさんの専門学校が存在していますが、その中から行きたい学校を選ぶために資料請求する方も多いです。

体験する

教室

夏休みのシーズンになると、「オープンキャンパス」を開催している大学が多く見かけられます。そんなオープンキャンパスを体験し、学校を選ぶ学生も多いのではないでしょうか。

注目の記事